賃貸の契約にかかる初期費用や家賃の払い方!クレジットカード払いは出来るの?ポイントと注意点を解説

■目次■
賃貸の初期費用や家賃にクレジットカード払いは可能?
・クレジットカード払いOKの不動産会社が増えている
・家賃のクレジットカード払いは物件によって異なる

賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払いにするメリット
1.ポイントがたまる
2.支払いの手間がかからず、支払い忘れることがない
3.初期費用の分割払いができる

賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払いにする注意点とは?
1.クレジットカードの指定がある場合がある
2.全物件・全不動産会社がクレジットカード払い対応ではない
3.クレジットカードの限度額を超えてしまう危険性がある

賃貸の初期費用のクレジットカード払いはサンエイホームがおすすめ

まとめ

◆タイトルをクリックするとその位置まで飛べます◆

賃貸の初期費用や家賃にクレジットカード払いは可能?

クレジットカード払いOKの不動産会社が増えている

賃貸を借りる契約をする際にかかる初期費用や、毎月支払う家賃。
これらをクレジットカード払いが可能な物件が増えてきています。

一般的に、初期費用は家賃の4~5ヶ月分必要だと言われていますが、結構高額ですよね。
サンエイホームのある所沢市の1Kの家賃相場は6万円前後なので
初期費用は30万円程度必要になる計算となります。

家賃についても、毎月必ず支払うお金になるので入居者としてはクレジットカード払いが可能だと
生まれるメリットもあります。

今回は、賃貸の初期費用や家賃についてクレジットカード払いを利用する場合の
メリットや、注意点などについてまとめていきます。

家賃のクレジットカード払いは物件によって異なる

ここ数年で、賃貸の家賃支払いもクレジットカード払いOKな物件が増えてきています。
大手メーカー系の賃貸物件ですと、契約時にクレジットカード払いにするかどうか
確認されたことがある人も多いのではないでしょうか。

家賃のクレジットカード払いが可能かどうかは、物件ごとに異なるので
契約をする際にしっかり確認が必要です。
近年増えてきているとお伝えしていますが、まだまだクレジットカード払いできない物件の方が多いのが現実です。
入居者にメリットが多い一方で、貸主・管理会社からするとクレジットカード払いは
カード使用の手数料が発生します。
支払額の3~5%程度かかってくるので、手数料を引かれたとしても
利益が出せる体制の整っている会社は、クレジットカード払いに応じてくれるでしょう。

賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払いにするメリット

それでは賃貸の初期費用や家賃の支払いをクレジットカード払いにすると
どういったメリットがあるのでしょうか。
ひとつづつまとめていきます。

1.ポイントがたまる

賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払いすると、クレジットカードのポイントがたまります。
高額になりがちな初期費用や家賃の支払いでポイントがつけばそれは最大のメリットとなりますね。

ポイントが付与されるタイミングや付与率は、クレジットカード会社によって様々なので確認が必要です。
たまったポイントは、クレジットカードの支払いに使用できるので
お得ですね。

2.支払いの手間がかからず、支払い忘れることがない

家賃をクレジットカード払いできる場合、支払いの手間が省けます。

現在、主な家賃の支払い方法として、銀行振込か口座引き落としが挙げられますが
いずれの方法も、支払期日が近づくと銀行やコンビニのATMへ足を運んで振込を行うか
ネット銀行を利用している場合も残高の確認や、入金手続きが必要となります。

クレジットカード払いをしている場合は、上記のような手間がかからず
決済が自動でなされるので、家賃の支払いを忘れてしまった!ということが防げますし
手間が減らせます。

3.初期費用の分割払いができる

初期費用をクレジットカード払いにする場合、分割払いが選べます。
賃貸の初期費用は家賃の4~5ヶ月分必要ですし、他にも引っ越し費用など何かと物入りです。

まとまった出費をしたくない、分割で支払いたい、急遽引っ越しをしなければいけないといった
事情の人はクレジットカード払いの条件を確認するといいかもしれません。

賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払いに
する注意点とは?

次に、賃貸の初期費用や家賃の支払いをクレジットカード払いにする時の注意点について
まとめてみます。
メリットが大きい反面、デメリットも存在します。

1.クレジットカードの指定がある場合がある

家賃の支払いをクレジットカード払いにする場合、どのクレジットカード会社でも使えるわけではなく
指定される場合が多いです。
大手メーカー系の物件は、賃貸申込時にクレジットカード作成の有無を確認されることもあり
毎月の家賃の支払いはそのクレジットカードで決済されます。

今自分が使っているメインのクレジットカードで家賃の支払いを行いたいと思っても
それとは別に新規で作成するといった形ですね。
ポイントを貯めてる人はメリットを感じないかもしれませんが、例えば電気やガス、水道といった
ライフラインの支払いも家賃用クレジットカードにまとめてしまえば
家計管理が断然楽になりますので、おすすめです。

今はネット上で使える家計簿アプリもたくさんあるので、ひとまとめにしておけば
「家計の見える化」まで可能です。


2.引落月までのタイムラグがある

賃貸の初期費用や家賃の支払いをクレジットカード払いすることに限りませんが
クレジットカード払いの場合、引き落としのタイミングは翌月、翌々月となります。

この時間差があると、現金が減るといったことがない分使った実感が湧きにくいです。
うっかり忘れて、思ったよりも支出が増えてしまった!といったことに繋がりかねません。
初期費用を分割払いにするなど、支払い方法を分けると、当然ですが何カ月も支払いが続くので
影響が長引くことは頭に入れておいてくださいね。

3.クレジットカードの限度額を超えてしまう危険性がある

クレジットカード払いには限度額が定められています。
一律ではなく、個人の信用・収入・実績などから様々な額で設定されているので
賃貸の初期費用や家賃など、金額が大きいものを支払うと利用可能限度額を超えてしまう危険性があります。

例えば旅行に行く場合や、資格取得、大きな買い物をする場合に
必要額の決済ができなくなることもありえます。
その点でも、新たに家賃用のクレジットカードを作成しておけば心配することもありません。
複数のクレジットカードを一つの引き落とし口座に紐づけている場合は、
引き落とし日に足りなくならないよう、普段から多めに入金しておくようにしましょう。

賃貸の初期費用のクレジットカード払いは
サンエイホームがおすすめ

サンエイホームでは、管理物件・他社管理の物件関わらず賃貸の初期費用を
お持ちのクレジットカードで決済可能です。

もちろん、分割払いもご自身で指定可能なので手元の現金を減らすことなく
お引越しの準備が進められます。

サンエイホームは埼玉県所沢市に店舗がありますが、どのエリアの物件でもご紹介が可能です。
遠方からのお引越しも、オンラインで接客・内見・契約・決済・鍵渡しまでできるので
お気軽にご相談くださいね。

オンラインサービスについての詳しい内容は、こちらのページをご確認ください。

https://tokobeya.com/online/index.html(とこ部屋オンライン)

まとめ

いかがだったでしょうか。
賃貸の初期費用や家賃をクレジットカード払い可能な物件は年々増加傾向にあります。
支払いが楽になったり、ポイントが貯まったりメリットが大きい反面、
クレジットカード特有の引き落とし日のタイムラグや限度額など、デメリットの確認は
しっかりとしたうえで、上手に活用してみてくださいね。